散骨に関する法律と必要書類

subpage1

散骨は、故人の遺体を荼毘に付した遺骨を墓地に埋葬せず、故人の海や山など散布する葬送方法です。



一般的な認識としては、墓地、埋葬等に関する法律や刑法190条などに抵触するよ思っている人もいますが、墓地、埋葬等に関する法律自体は当時の時代背景に基づいて火葬及び土葬を想定し昭和23年に制定された法律であり、厚生労働省は墓地埋葬法では散骨を想定していないため規制の対象ではないとする見解を示しています。


又、当時の法務省刑事局は、一般的な葬送を目的として節度をもって行うならば刑法の遺骨遺棄罪にはあたらない為、違法ではないという見解を示しています。

その為、住民の宗教観や居住区域、交通の要所地などを十分考慮した散布場所や散布方法で行う分に問題が無いとされ、所有者や当該自治体の規制の多い陸地よりも諸問題の少ない海洋で行われる事が多くなっています。
1991年の神奈川県三浦半島沖相模灘で行われた海洋葬以降現在では、認知度や希望者が増加しており、散骨実例と散布をサポートする業者が急激に増加しています。



散骨は、一般的にお骨と判別不可能な2mm〜3mm程度まで粉骨して散布しますが、散布量に関しては制限が無いのでお骨全てを散布する人から数カ所に分散させる人、手元に少量残す人など様々です。
散骨に関しては、火葬後に発行される埋葬許可の写しや墓しまい及び納骨堂から出されたお骨の場合には改葬許可書の写しが必要となります。

朝日新聞デジタルのココだけの話をしましょう。

みんなの常識

subpage2

最近墓石に埋葬する従来の葬送に代わり、海や山に遺骨を撒く散骨が注目されています。近年の少子高齢化に伴い、お墓を継ぐ人がいなかったり、子供や孫に負担をかけたくないという人も増え、自然葬を選ぶ人も増えています。...

next

社会関係の真実

subpage3

お墓を買って維持することさえ不安になる人も少なくありません。維持するには血縁の人が近場で暮らして定期的に面倒を見なければいけないのですが、最近では結婚をせず独身のまま生涯を終える人も少なくないので、ずっと誰かに手入れをしてもらうというのはとても難しいことになりつつあります。...

next

情報分析

subpage4

散骨は、創唱宗教に対して無信教と自覚する人々の多い日本には非常に適した葬送方法と言えます。墓地は、日本で初めて西暦700年に荼毘に付された僧道昭に始まる仏教の教義に基づく儀式であり、土葬を正式な葬送方法とする神道の神社に詣でる日本人にとっては大きな意義は無いと考える人も多くなっています。...

next

納得の情報

subpage5

現在、全国の行政機関では、散骨に関する許可や手続きなどは存在していません。ただ、葬送に関する唯一の法律である墓地、埋葬などに関する法律には、散骨は想定外のため、いっさいふれていません。...

next